楽天カード会員 損しないポイントの使い方

ブログランキングに参加中です。1クリックが更新の励みになります。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

節約術・ポイ活

【楽天カード会員は要注意!】楽天市場で楽天ポイントを使うと損!貯まるポイントの使い方

2021年1月3日

 

たぴ
こんにちは、たぴです!

楽天カード会員になってから、楽天ポイントが月平均3,000円も貯まるようになりました!

 

昔は楽天市場でしか使えず、使い勝手が悪かった楽天ポイント。

しかし今は期間限定ポイントも含めて街で手軽に使えるようになりました!

街で使えるようになったからこそ、楽天カード会員が楽天ポイントを楽天市場で使うと損してしまうんです。

 

楽天市場で楽天ポイントを使うと損してしまう理由と、街でのお得な使い方について紹介していきます。

 

楽天ポイントは楽天カードを使うと恐ろしいほど貯まります

楽天カード
【5万円の損!?】楽天カードを作るだけで楽天ポイントが驚くほど貯まる!【最強ポイ活術】

続きを見る

 

\ 今なら5000ポイント付与! /

楽天カード新規入会キャンペーン

 

楽天カード会員が楽天市場で楽天ポイントを使うと損する理由

楽天カード ポイント

楽天カード支払いで貰えるポイントが貰えなくなる!

 

楽天カード会員になると、楽天市場での買い物をする時にポイントが2倍付与されます。

さらに、楽天銀行も利用していれば、合計で3倍のポイント倍率が適用されることとなります。

 

カード支払いをするだけで、ここまでポイント倍率のいい買い物が出来るのは楽天市場くらいしかありません。

 

だからこそ、楽天カード会員は楽天市場で買い物をする時は貯めることに注力したほうがお得です。

楽天市場での買い物時に楽天ポイントで支払うと、楽天カード支払いで付く3倍のポイント倍率が適用されないので、3倍分のポイントが損してしまうのです。

 

楽天市場で楽天ポイントを使うとポイントが貯まりにくくなる!

楽天カード 楽天ポイント

ポイント払いでも通常通りのポイントは付く

 

楽天カードを持っていなければ、楽天ポイントでの支払いも通常もらえるポイントと同じ倍率が付与されます。

なので、楽天カード会員でない方は楽天市場でもじゃんじゃんポイントを使っても損するポイントはありません。

 

楽天カード 楽天ポイント

楽天カード支払いにすると3倍も付与ポイントが増える!

 

しかし楽天カード会員になっているのであれば、せっかく貰える2倍(楽天銀行もあれば3倍)のポイントを取り逃してしまいます。

楽天市場でしか買い物しないのであれば、楽天市場でポイントを使うしかないでしょうが、今は楽天ポイントを街でも使うことが出来ます。

なので、楽天ポイントを使うのは街での買い物時に絞り、楽天市場での買い物は貯めることを優先して楽天カード支払いにした方がお得なのです。

 

楽天カード 楽天ポイント

楽天カード支払いにしないと45ポイントも損をする!

 

参考

楽天市場で1,580円の買い物をする時、通常は1倍の15ポイントが付与されます。

さらに楽天独自のポイント倍率システムR SPU↑が適用されると、私の場合、楽天サービスを利用している分(※アプリ利用・モバイル利用・楽天ブックス利用)の2倍の29ポイントも追加で付与されます。

そしてさらに楽天カード支払いにすれば、楽天カード利用分と楽天銀行利用分で3倍の45ポイントが追加されます。

45ポイントの差はかなり大きいので、楽天市場での買い物は出来るだけ楽天カード支払いにした方がお得なのです。

 

楽天ポイントは街で使うとお得な上にポイントもつく!

楽天ポイント 使い方

楽天ポイントは街で使おう!

 

楽天市場で楽天カード支払いにすると2倍(楽天銀行もしてれば3倍!)もポイントが付きますが、街で利用するときは1倍のポイント付与率となります。

楽天カードを楽天市場で使う時よりも、それ以外の場所ではポイント倍率が低くなるんです。

なので、楽天市場以外での支払いに楽天ポイントを使っても損に感じることはありません。

 

また、街でのポイント支払いでも1倍のポイントが付与されます。

ポイントで支払いながらポイントも付与されるのでかなりお得です!

 

楽天Edy付きのポイントカードなら3倍ももらえる!

 

楽天ポイントカードには楽天Edy付きのポイントカードがあります。

楽天Edyはチャージ式の電子マネーカードです。

この楽天Edyに通常ポイントをチャージすることで、楽天ポイントが楽天Edyの使えるお店で使えるようになります。

 

楽天Edy付きのポイントカードは、提示するだけで1倍のポイント付与、支払いで2倍のポイント付与、合計で3倍のポイントが付与されます。

楽天市場で買い物をするよりどこよりも楽天ポイント支払いによるポイント還元率が高いのです。

 

ただし、楽天Edyで使えるポイントは通常ポイントのみなので、期間限定ポイントや提携サービス会社から交換されたポイントは使えません。

 

楽天Pay支払いなら期間限定ポイントも利用可能!

 

楽天Edyは期間限定ポイントが使用できませんが、楽天Payは期間限定ポイントも街での支払いに使えます。

私はよく楽天Payを利用しています。

楽天Payを利用するときは楽天ポイントが貯まる店なら楽天ポイントを提示後、楽天Pay支払いでと伝えると、ポイントカード提示分+楽天Pay支払い分で合計2倍のポイントが付与されます。

 

楽天Payアプリにはポイントカードも連動しているので、提示と支払い時に、表示を切り替えるだけで簡単です。

 

2倍のポイントが付与されるのは「楽天ポイントが貯まる」と書かれた店のみです。
コンビニだとファミマやデイリーヤマザキ、スーパーだと東急ストアなどなどです。
楽天Pay支払い時に楽天ポイントがWで貯まる店舗一覧

 

楽天ポイントが使える店はどんどん増えている!

 

楽天ポイントカード以外にも、楽天Edyや楽天Payが出来たおかげで、楽天ポイントは街で使いやすくなりました。

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、レストラン、フードコート、ショッピングモールなどなど、とにかく幅広いです。

 

たぴ
私の近所では楽天Payが、東急ストアやタカシマヤフードメゾン、ららぽーとなんかでも使えました。

 

使えるお店はどんどん増えてきているので、これからどんどん期間限定ポイントを含めて楽天ポイントは使いやすくなっていくことが予想できます。

ここまでくるとポイントも立派な現金ですね。

 

楽天市場で楽天ポイントを貯めて、貯めた楽天ポイントは街で使おう!

 

楽天カード支払いでのポイント付与率が高くなる楽天市場での買い物は、ポイントを使わずに貯めましょう!

そして貯めたポイントはEdyやPayを活用してお得に貯めながらポイントを使いましょう。

 

楽天市場でお得に貯めたポイントは期間限定ポイントも含まれますが、期間限定ポイントも含めて使える店舗はどんどん増えています。

コンビニでのちょっとした買い物や、必要な食料品や日用品への買い物に使えます。

お酒だって楽天ポイントで買えちゃいますよ。

 

楽天ポイントはどんどん貯まりやすくなっていて、使いやすくもなっています。

楽天ポイント以上にポイントが貯まりやすいポイントはありません。

 

たぴ
楽天カードをまだ作っていない人は早めに作って楽天ポイントを上手に生活に取り入れ、日々をより充実させちゃいましょう。

 

\ 今なら5000ポイント付与! /

楽天カード新規入会キャンペーン

 

さらにお得なクレジットカードはこちら

 

   

-節約術・ポイ活
-, , , ,

Copyright© こじらせ たぴ ライフ , 2021 All Rights Reserved.