ひとり暮らし部屋条件

ブログランキングに参加中です。1クリックが更新の励みになります。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

ひとり時間 部屋紹介

ひとり暮らしの部屋を探すときの条件【家賃の予算7万円、都内在住30歳女の場合】

2020年11月20日

 

たぴ
こんにちは~たぴです!

20歳の頃にひとり暮らしをはじめ、その後いったん実家に戻ったこともあり、ひとり暮らし歴はもうすぐ10年目になります。

 

まさかこんなに長いこと、ひとり暮らしが出来るとは思いませんでした。

その間に3回部屋を借りています。

部屋を借りるたび、その部屋の欠点や長所・妥協できる点を学んでいき、最初の頃に比べて部屋の条件がだいぶ変わりました。

今回はひとり暮らしをする時の部屋条件についてお話していきたいと思います。

 

30歳の時に今のひとり暮らし部屋を借りる時の条件だったものはコレ

部屋の条件

この部屋を借りた時の条件

 

30歳の時に今の部屋に引っ越しました。

引っ越すときは大体職場を変えた時なので、通勤が楽になる駅で部屋を探します。

この時の予算は65,000円~75,000円で探していました。

 

まず、その予算で借りれる部屋を条件つけずに検索し、どういった部屋があるのかチェックしました。

そこから部屋の条件を決めていきました。

部屋条件は以下の通りで、外せない条件順に並べています。

 

絶対外せない条件【2階以上】

2階以上にしたいのは防犯上もありますが、ゴキブリが出るリスクを下げたい一心で出来るだけ高層階の部屋を借りたいと思ってます。

1階はやっぱり虫が侵入しやすく、出やすいみたいなので、あまり上ってこれない高層階を希望しています。

今までの部屋全て2階以上でそれぞれ階数が違うのですが、一番階層の低い部屋の時にゴキブリをしょっちゅう見かけました。

だから高層階ほどゴキブリが出にくいというのはあると思ってます。

ちなみに、今の部屋でゴキブリが出たことはありません!

 

絶対外せない条件【駅徒歩5~10分前後】

駅から近い方が出発時間の予定を立てやすいので、駅徒歩5分前後を条件にしてました。

最悪10分まで行けますが、借りている部屋はいつも5分前後です。

不便なのでバスを使うのは絶対に避けたいと思ってます。

 

絶対外せない条件【南向き】

明るい部屋が好きなので南向きというか、日当たりの良い部屋が絶対条件としてありました。

出来るだけ南向きがいいけど、部屋の魅力によっては東向きも妥協できる範囲です。

西向きと北向きは絶対に避けたい方角です。

西・北は日当たりが悪いだけでなく、湿気がすごかったり部屋の中が異常に暑くなったり寒くなったりします。

洗濯物もなかなか乾かないなどデメリットが多くなってしまうので、日光が嫌いな人でも日当たりの良い部屋を選ぶことをおすすめします。

 

【収納スペースが十分にある】

収納家具を買うのが嫌なので、最初から部屋に十分な収納スペースがあることを求めてしまいます。

クローゼットよりもできれば押入れ収納が使いやすくて理想です。

前回の部屋がウォークインクローゼット付だったのですが、使いにくくて思ったより収納が出来ませんでした。

ただ押入れ収納を求めると大体築年数が古い部屋になるので、新しい部屋にこだわるとなると難しい条件だと思います。

広いクローゼットのある部屋は割高なんですよね…。

 

【バストイレ別】

予算に余裕があったので、バストイレ別にしました。

予算に余裕がなければバストイレ一緒でも構わないのですが、月7万円前後でバストイレ一緒な部屋には住みたくありません。

5万円くらいならバストイレ一緒でも問題ないです。

 

出来れば【2口コンロ】

いつも1口コンロだったので、今回は2口コンロが良いなぁと思っていました。

でも実際は、2口コンロになっても1口しか使ってないので、2口もいりませんでした。

 

出来れば【角部屋】

なんだかんだいつも角部屋になっていますが、角部屋は太陽の光が入りやすくてお気に入りです。

2面斜光の部屋が好きなんです。

また、角部屋だと隣人の生活音があまりしないのでおすすめです。

 

これらの条件で借りれた部屋が今の部屋です!

部屋の写真

リノベーションされた可愛い部屋に住めた!

ルームツアー
【ブログでルームツアー】1DK ひとり暮らし ゆるミニマリストでジャニオタの部屋紹介

続きを見る

 

リノベーションされた部屋なので床が無垢材だったり、キッチンの壁の一面がイエローカラーだったり、お風呂がキレイだったりで素敵な部屋です。

日当たりも良いし、花火も見えるし、ゴキブリは1度も見てないし、満足できるポイントが沢山あります。

 

プロパンガス、生活音が聞こえる、線路沿い、隙間風が入りやすい、家具の配置がしにくい間取り…などデメリットもありますが、絶対条件はクリアしているので気に入っています。

生活音・線路沿いの電車や踏切の音は慣れたら気にならなくなりました。

間取りは配置に悩む作りですが、それも工夫次第で何とか出来ますしね。

隙間風も隙間風防止シートやカーテンなどでなんとかできたので、良しとしています。

 

最初のひとり暮らし部屋はバストイレ一緒のユニットバス・洗濯機なし!

部屋条件

ユニットバスは想像しているよりも悪くない

 

20歳の頃はお金がなかったのと、親が厳しかったので、5万円以下の部屋を借りるように言われていました。

そこで見つけたのは4.5万円の部屋でした。

 

その時の条件は、とにかく駅近であること!

実家が駅から遠いところにあり、通勤時間が片道1時間以上でバスの遅延も多かったんです。

だから通勤時間を軽減したいと思ってとにかく駅近にこだわりました。

 

4.5万円の部屋はなんと駅徒歩1分、3線利用可能な好立地です。

かわりに、バストイレ一緒で洗濯機置き場なし(※マンションにコインランドリーがあった)というデメリットがありました。

キッチンも1口です。

 

だけど角部屋出窓付きで、収納は押入れだから広く、思ったよりも住みやすかったです。

バストイレ一緒は掃除がしやすかったので物を置かなければキレイに使えます。

洗濯機がないため、下着類は手洗いしてました。

おかげで傷みにくく利点もありました。

 

今後引っ越しをするならどんな部屋条件をあげるか?

ひとり暮らし部屋の条件

次住むなら今より良い部屋に住みたい!

 

今の部屋も気に入っていますが、次なるステージに夢を見てしまいます。

次部屋を借りるなら、やっぱり今よりも良い条件のところに住みたいです。

 

理想の部屋条件はコレ

  1. 1LDK
  2. 7階以上
  3. 南向きでリビングには大きな窓
  4. 浴槽が広い・壁が黒くスタイリッシュデザイン
  5. 洗面台独立
  6. カウンターキッチン
  7. バルコニー付
  8. 築年数10年以内
  9. 駅徒歩10分圏内
  10. 日比谷に近い

 

こんなお部屋に住めることが出来れば、一生ひとり暮らしでもいいかも…。

ペット可の物件で猫ちゃんを飼いたいな~と思いますが、命を背負う度胸がなく、結局飼えずに終わりそうです。

 

たぴ
次なるステージを夢見て、日々精進していかなければ!

 

   

-ひとり時間, 部屋紹介

Copyright© こじらせ たぴ ライフ , 2021 All Rights Reserved.