RIZAP(ライザップ)のサポートミール

ブログランキングに参加中です。1クリックが更新の励みになります。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

RIZAP(ライザップ) 食事宅配・冷凍弁当

【RIZAP(ライザップ)】サポートミールのメリット&デメリットまとめ【口コミ】

 

たぴ
こんにちは!

低カロリー・低糖質な食事宅配サービスを利用してダイエットをしています。

 

今回注文したダイエット弁当は、「結果にコミットする」のCMで有名なRIZAP(ライザップ)です!

RIZAP(ライザップ)というと、値段が高い&食事内容もキツイイメージでした。

 

だけど、RIZAP(ライザップ)のサポートミールは1食あたり880円程度で外食するより安いです。

また、300kcal以下&たんぱく質は18g以上と、栄養成分表はストイックながらも、味付けやボリュームは満足できるもので1週間食べ続けてもキツくありませんでした。

 

たぴ
ということで、RIZAP(ライザップ)のサポートミールを実際に食べてみた口コミをしていきます。

良かった点と、イマイチだった点を正直に記事にしちゃいます。

 

公式サイトを見る

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールはどんなお弁当なの?

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

とにかく栄養成分バランスがすごい!

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールはRIZAPの食事メソッドを1食に凝縮した冷凍弁当です。

調理はレンジで5~7分ほどチンするだけでOKなので手軽にRIZAPの食事メソッドを取り入れられます。

 

RIZAPのサポートミールはとにかく栄養バランスが優れています。

1食あたり200~300kcalで収まり、糖質は平均10g前後、脂質も控えめで、たんぱく質が18g以上も摂れます。

さらに食材にも気を遣い、肉や魚・野菜・海藻などバランスよく入っているので、偏った食事になりません。

 

たぴ
健康的な食事制限ダイエットが叶うお弁当なのです。

 

種類もかなり豊富でサポートミールA・B・Cセットの3種類+肉セット&魚セットの5種類があります。

味付けもレパートリー豊富なので飽きにくいように考えられています。

1週間(※7食)か2週間(※14食)のセットを選ぶことが出来ます。

 

たぴ
RIZAP(ライザップ)のサポートミールは他の食事宅配サービスよりも栄養バランスが凄いんです!

ここまで徹底された栄養成分表はRIZAPのサポートミールだけです。

それなのに値段は1食当たり880円だったので安いと感じました。

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールAセット

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

私が注文したサポートミールはAセット♪

 

数ある種類の中で私が注文したものはサポートミールAセットです。

Aセットの内容は以下の通りです。

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

RIZAP(ライザップ)のサポートミールAセット

 

  • チーズ入りハンバーグ
  • 鶏肉のエスニック焼き
  • チキンのトマトソースがけ
  • あじの香味だれ
  • さばのカレームニエル
  • さばの味噌煮
  • 卵焼きのそぼろあんかけ

 

メインが魚料理3種類、肉料理3種類、卵料理1種類のバランスがとれたセットです。

魚は味付け濃いめだから満足できるし、肉類もジューシーで皮もついてて美味しかったです。

卵焼きは、たんぱく質多めの食事で疲れた胃に優しい味付けで癒されました。

 

1番美味しかったのは、やっぱりお肉が大好きなのでチーズ入りハンバーグです。

鶏肉のエスニック焼きも味付けが濃くて気に入りました。

卵焼きのそぼろあんかけもまた食べたいと思いました。

いまいちだったのはチキンのトマトソースがけですかね。

でも他のおかずがめちゃくちゃ美味しかったので、それを考えると全部がイマイチなお弁当はありませんでした。

まずいと感じたお弁当はありません。

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールのメリット

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールを実際に食べて良かった点を紹介していきます。

メリットをあげてみると8個もありました。

 

  • 高たんぱくなのに驚くほど低カロリー!
  • おかずの味付けはしっかりしていて薄味ではない
  • 魚は骨抜きで食べやすい
  • いろんな食材からたんぱく質が摂れる
  • 正直、まずいおかずはなかった
  • 調理が簡単♪レンジで5~7分チンして完成
  • コンパクト容器だからひとり暮らし用の冷凍庫にも余裕で入る
  • 筋トレはほぼしていないのに、くびれが出来た

 

8個のメリットについて詳しく紹介していきます。

 

高たんぱくなのに驚くほど低カロリー・低糖質・低脂質!

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

感動するほど完璧な栄養成分バランス

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールの最大の魅力は栄養成分バランスです。

高たんぱく質・低糖質なお弁当は結構あるけれど、低カロリー&低脂質も叶えているお弁当は数少ないのです。

でもRIZAPのサポートミールは高たんぱく&低カロリー&低糖質&低脂質です。

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

脂質14.9gなのに鶏肉は脂質の多い皮付きだった!

 

低脂質なのに鶏肉メニューでは皮付きだったりして驚きました。

低糖質なのにソースの味付けも濃いんですよね。

どうやって作っているのか不思議なくらいですが、プロだからこそなせる技なのだろうなと感じます。

 

おかずの味付けはしっかりしていて薄味ではない

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

こってりした味付けも、ピリ辛な味もなんでもあった

 

RIZAPのお弁当はとにかく栄養バランスがストイックだったので、味付けには期待していませんでした。

が、驚くほど味付けが濃いというか、ダイエット弁当とは思えないものでした。

マヨネーズソースでこってりした味付けがされていたり、ピリ辛な味付けや、ガーリックを利かせたものなど、様々な濃い味を楽しめます。

衣で揚げてあるものもあって「本当にダイエット弁当なの?」と思うほどでした。

鶏肉はモモ肉で皮つきのものを使っているし、サバは脂がのっててとろとろだしで、脂質が抑えられているとは思えないほど満足出来ました。

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

松前漬け風なおかずが最高に美味しかった

 

出汁を利かせた味付けも多かったです。

特に美味しかったおかずは写真の昆布の炒め煮でした。

松前漬け風な味わいが楽しめてすごく美味しくて気に入っちゃいました。

とはいえダイエット弁当なので、一般的な料理と比較すれば味付けは薄めです。

 

魚は骨抜きで食べやすい

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

骨抜きで食べやすい魚料理

 

魚料理は3品ありましたが、どの魚も骨抜き処理がされていました。

なのでかなり食べやすく、魚の骨が苦手な人でも魚料理を楽しめます。

生ごみも出ないから後処理も楽でした。

 

いろんな食材からたんぱく質が摂れる

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

3~4種類のたんぱく質食材に、野菜や海藻が入ってる

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールは1つの食材で18gのたんぱく質が摂れるわけではありません。

3~4種類ほどのたんぱく質豊富な食材から摂れます。

写真の鶏肉のエスニック焼きの場合、鶏肉・卵・ツナからたんぱく質が摂れるように作られていました。

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

あじの香味だれの場合は4種類のたんぱく源が

 

こちらのあじの香味だれの場合、あじ・鶏肉・大豆と枝豆・ツナの4種類の食材からたんぱく質が摂れます。

 

たんぱく質には動物性タンパク質と植物性タンパク質、さらに細かく分類すればホエイ・カゼイン・卵白・大豆タンパク・小麦タンパクの5種類にもなります。

たんぱく質の種類によって、消化されやすく内臓への負担が少ないものだったり、腹持ちがよかったり、吸収されやすく筋肉になりやすいものがあります。

なので種類豊富なたんぱく質が摂れるように作られている点にメリットを感じました。

 

正直、まずいおかずはなかった

 

ダイエット用のお弁当だから、糖質や脂質などをカットしすぎてまずいおかずもあるんじゃないかなと覚悟していました。

でも、正直にまずいおかずは1個もありませんでした。

法度なく、本当にまずいと感じるおかずがなかったんですよね。

だからと言って、ものすごく美味しいものがあるわけでもなかったのですが、ダイエット弁当と感じさせない味で楽しめました。

変な味など一切せず、普通の料理の味付けといった感じでした。

 

たぴ
食材そのものの味がしっかりしていたので、変な加工品や調味料などを使っていないんだなと思えました。

 

調理が簡単♪レンジで5~7分チンして完成

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

調理が簡単だから家事の時短にもなる

 

料理があまり好きではない&献立考えることが難しい私からすれば、RIZAP(ライザップ)のサポートミールは家事の時短という点でもメリットを感じました。

レンチン時間は大体5~7分ほどで、大体のお弁当は600Wで5分半でした。

容器もそのままで食べられるので洗い物も減らせます。

ダイエットはしたいけど忙しくて栄養バランスを考えた食事が作れない人にめちゃくちゃおすすめ出来ます。

 

コンパクト容器だからひとり暮らし用の冷凍庫にも余裕で入る

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

厚さがない容器だから余裕で入りました

 

ひとり暮らしの小さい冷凍庫しかもっていない人にとって何気にネックになるのは冷凍庫に入るかどうかですよね。

RIZAP(ライザップ)のサポートミールは容器サイズが18.0cm×横約18.0cm×高さ約3.0cmなので、7食分なら余裕で入りました。

7食ぶんいれても余裕があったので、冷凍ご飯やその他冷凍食品を入れていても大丈夫です。

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

他の冷凍弁当が入ってても余裕がある

 

実はRIZAP(ライザップ)のサポートミールが届いた時に、同じく冷凍弁当のnosh(ナッシュ)が5食分残っていました。

でもnosh(ナッシュ)の4食分が入っていても冷凍庫に収まりました。

 

たぴ
ちなみにnoshの容器サイズは横18cm×縦16.5cm×⾼さ4.5cmです。

縦はnoshの方がコンパクトですが、高さがない横RIZAPの容器のほうが冷凍庫に沢山入ります。

冷凍庫のキャパ問題を解消するには薄い容器のほうが入るみたいです。

 

冷凍品だから縦に入れても中身がぐちゃぐちゃになることはないし、冷凍庫問題はなんとかなりそうです。

2週間分の14食でも余裕で入ると思います。

 

筋トレはほぼしていないのに、くびれが出来た

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

お腹周りが変わりました

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールを1週間食べ続けてたんぱく質を意識した結果、お腹周りが変わりました。

1週間でやった筋トレはスクワット30回を2回のみなので、たんぱく質だけで変化が出たようなものです。

もっと筋トレをしたらもっと引き締まっていそうだし、続ければどんどん体型が変わりそうだなと感じました。

体型維持にはたんぱく質が良いって本当だったんですね。

 

ダイエット詳細はこちら

RIZAP(ライザップ)のサポートミールダイエット
【RIZAP(ライザップ)のサポートミールダイエット】1週間食べ続けた体型の変化

続きを見る

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールのデメリット

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールを実際に食べてみて感じたデメリットは以下の3つです。

 

  • ブロッコリーがめちゃくちゃ小さい
  • ベーコンが入っているはずのおかずにベーコンが入ってない
  • たんぱく質が多めの食事だからか便秘がちになった

 

1つずつ詳しく紹介していきます。

 

ブロッコリーがめちゃくちゃ小さい

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

ブロッコリーのわき芽かと思うほどの小ささ

 

他の野菜は気にならなかったのですが、ブロッコリーのサイズだけは気になってしまいました。

とにかく、めちゃくちゃ小さいです。

なんでここまで小さいの?ってくらい小さくてガッカリしてしまいました。

公式サイトの写真だと一般的なサイズ感なのに、実際は一般的なサイズをさらに4等分したような小ささでした。

 

ベーコンが入っているはずのおかずにベーコンが入ってない

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

ベーコン入りのはずがベーコンが入っていない…

 

このコンソメ煮は、公式サイトの写真だとベーコンが入っていたのに、ベーコンが入っていませんでした。

他のおかずでこういったことはなかったのでミスだとは思いますが、初回注文分でこういったことがあるのは残念です。

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

公式サイトの写真だとベーコンが入ってる

 

ちなみに公式サイトの写真です。

コンソメ煮には大きめなベーコンが3切れ入ってます。

でも私のコンソメ煮にはキャベツとピーマンのみでベーコンはありませんでした。

おかず自体は美味しかったのでベーコン3切れくらい別に良いっちゃ良いんですけどね…。

 

たんぱく質が多めの食事だからか便秘がちになった

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールはたんぱく質が多めの食事だったおかげで、3食合わせて60~90gくらいのたんぱく質が摂れました。

おかげでお腹周りが引き締まってくびれが出来たのでたんぱく質摂るとすごいんだなと実感できました。

 

しかし、たんぱく質多めだからか便秘がちになってしまいました。

さらに、RIZAPのサポートミールの栄養成分表をチェックしてみると食物繊維が3g前後で、食物繊維1食あたり6gの目安量に足りないんですよね。

だから便秘がちになってしまったのかなと思いました。

 

たぴ
RIZAPのサポートミールを食べる時は食物繊維豊富な玄米やオートミール、キャベツサラダなどを合わせると良さそうです。

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールはジムに通ってなくても利用できる!

RIZAP(ライザップ)のサポートミール

手軽にRIZAPの食事メソッドを取り入れられるサポートミール

 

RIZAP(ライザップ)のサポートミールを実際に食べてみたメリット・デメリットを紹介していきました。

メリットに感じたことの方が多く、特にボディメイクダイエットがしたい方におすすめします。

サラダチキンと同じくらいのたんぱく質ではありますが色々な食材を食べられますし、なにより飽きにくいメニューで続けられるところが最大のメリットだと思います。

 

ちなみに、RIZAPのサポートミールはジムに通っていなくても利用できます。

私もRIZAPのジムに通ってなくても注文出来ました。

RIZAPは気になるけどジムはハードルが高いと思っていたから、食事メソッドだけでも取り入れられることが出来るのはありがたかったです。

 

たぴ
RIZAPは気になるけどジムに通うハードルが高いと思っている方は、サポートミールから始めてみてはどうでしょうか?

 

公式サイトを見る

 

   

-RIZAP(ライザップ), 食事宅配・冷凍弁当

Copyright© こじらせ たぴ ライフ , 2021 All Rights Reserved.