ブラケットオフ 矯正装置を外す時

ブログランキングに参加中です。1クリックが更新の励みになります。

 ブログランキング・にほんブログ村へ

矯正・顎変形症手術

【ブラケットオフ】矯正装置を外す時の痛みと流れ【歯の状態や費用についても】

 

たぴ
こんにちは、たぴです。

下顎後退の顎変形症と診断されたため、抜歯なし&外科手術ありで矯正治療をしていました。

 

ついに、1年10ヶ月以上つけていた矯正装置を外してきました!

「やっと解放された~」と思ったけど、保定期間でリテーナーをつけなきゃいけなかったり、装置のせいですきっ歯になっているから思ったより解放感はありません。

保定期間は2年なのでまだまだ先は長いです。

とはいえ、食事中はリテーナーを取り外せるし、歯磨きもしやすくなったから、矯正装置をつけてた頃よりはマシです。

 

たぴ
今回の記事では矯正装置を外す時の流れや痛み、外した後の歯の状態や掛かった費用をまとめていきます。

「ブラケットオフの時ってどんなことをするのか気になる!」という方は参考にしてみてください。

 

【ブラケットオフ】矯正装置を外す時の流れ

 

私の矯正装置を外す時は以下の流れで行われました。

 

  1. (前回通院時)リテーナーを作るために歯型を取られる
  2. (前回通院時)矯正装置のゴム掛けを出来るだけ長くするように指示される
  3. 矯正の医師にかみ合わせをチェックされる
  4. 歯科衛生士にペンチのようなもので力任せに矯正装置を外される
  5. 振動熱で接着剤を綺麗に取り除く
  6. 歯のクリーニング
  7. 下の歯の裏側にリテーナーを酸っぱい味のする接着剤で取り付けられる
    (※開口器具を開けられて口を開けっ放しにされる)
  8. 上の歯用のリテーナーの付け方と取り外し方を教わる
  9. 歯の状態の写真を撮る
  10. レントゲンを撮る
  11. リテーナーの取り扱い方を教わる
  12. 矯正の医師に最終チェックを受ける(完)

 

いつも矯正治療は1時間くらいで終わるのですが、この日は2時間半掛かりました。

かなり長い時間口を開かなければならないため、顎が疲れます。

接着剤の取り除き作業が一番長く30分以上は掛かっていました。

 

矯正装置を外す時は力を掛けられてめちゃくちゃ痛い?!

 

矯正装置を外す時はペンチのようなもので力任せに外されるので、歯や顎の神経に痛みが走りました。

前歯はそこまで痛くはありませんが、奥歯はかなり力を掛けられるので、思わず涙ぐむほど痛かったです。

 

私の場合は顎変形症手術もしていたので、手術で切ったと思われる顎の個所がビリビリと痛みました。

一番痛かったのは上の左奥歯の矯正装置を取る時で、頬まで痛みが来ました。

歯の根元から繋がっているであろう神経に痛みが走っていたんです。

 

歯が抜けるんじゃないかとひやひやしたのですが、無事に何事もなく、矯正装置は外れました。

 

たぴ
痛いのは奥歯だけです!

奥歯さえがんばれば大丈夫です!

 

矯正装置を外した後は振動熱で接着剤を綺麗に取り除くのですが、これも振動が強くて結構な負担になりました。

痛くはないんだけど、強い振動で疲れるというか…。

口も大きく開けなければならなかったので、早く終わってほしくて仕方なかったです。

しかしその願いも空しく、30分もの時間を要して接着剤を取り除く作業が行われました。

 

1時間半くらいで歯は元通りの状態になりました。

残り1時間では、レントゲン診療やリテーナーの使い方、矯正医師による最終チェックが行われました。

 

矯正装置を外したら隙っ歯になっていて食べ物が挟まりやすい

 

たぴ
矯正装置を外したら、食べ物が挟まって気持ち悪い食事から解放されるんだ!

 

と、思っていました。

 

しかし、奥歯は輪っかの金具の矯正装置がつけられていたので、外した分の隙間が空いている状態になっていました。

なので奥歯にめちゃくちゃ食べ物が詰まります。

 

矯正装置の時ほど食べ物が挟まる不快感はありませんが、奥歯に絶対食べ物が挟まるので快適な食事からは程遠いんだなと感じました。

奥歯に食べ物が詰まると歯ブラシだけでは取り除けないので、フロスが必須アイテムです。

 

ブラケットオフ 矯正装置を外す時

矯正装置が外れてリテーナーつけてます

 

ちなみに、矯正装置を外した歯並びは写真の通りです。

かなりキレイな歯並びになっていて嬉しいです!

顎変形症手術のおかげでガミースマイルも治ったので満足です。

しかし矯正医師からは、「ちょっと前歯が出てるので、保定期間頑張って」と言われました。

 

【ブラケットオフ】矯正装置を外す時の費用は?

 

私は自費診療で矯正を受けています。

自費診療で矯正装置を外す時に掛かった費用は28,600円でした。

 

掛かった費用

28,600円(自費診療の場合)

 

いつもの矯正治療代6,600円に、取り外し費用やレントゲン診療代が加算された金額です。

リテーナー代は矯正装置代に含まれていたらしく、別途費用が発生することはありませんでした。

ただ、リテーナーをなくしたり壊したりして作り直す場合は5,500円が掛かるとのことです。

 

たぴ
ということで、よーやく無事に矯正装置が外れました。

私の場合抜歯なしだったので術前矯正で1年間、術後矯正が10か月間の、合計1年10か月間の矯正期間となりました。

ちなみに顎関節症もあったので、マウスピース矯正期間もあり、それを含めると2年10か月もかかっています。

そしてこれから保定期間で2年掛かるので、まだまだ先は長いですね。

 

   

-矯正・顎変形症手術

Copyright© こじらせ たぴ ライフ , 2021 All Rights Reserved.